【ラクガキ漫画】神の子ノラ犬

雪

雪の材料は、雲を構成している水滴(雲粒)で、その大きさは0.01ミリメートルなのだとか。
そして、数千メートル上空の水滴は、-40℃くらいでもなかなか凍らない過冷却という状態になっているそうです

過冷却という状態は不安定で、衝撃を与えると瞬時に凍ってしまうという状態。
空気中にある微細なちりと、過冷却状態の水滴が衝突すると、水滴は凍って雪の種ともいえる氷晶になります

凍って安定した氷晶とくらべて、そのまわりにある過冷却状態の水滴は不安定な存在(水蒸気はさらに不安定)。
そのため水分子は、より安定した氷晶へ移ろうと、過冷却状態の水滴から氷晶へ移動すると考察されています。
水滴側からすれば、「氷晶に水分子を奪われている」という状態になるのですね

こうして氷晶は、まわりの水蒸気や水滴からの水分子がくっついて、雪の結晶になっていくのです
(参考文献 「ニュートン別冊 みるみる理解できる天気と気象 増補改訂版」 株式会社ニュートンプレス)
スポンサーサイト

テーマ : 自作マンガ
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

No title

雪ですら熱く感じる、絶対零度人間なのですか!

…そういえば雪の結晶なんて見た事ないです。

Re: No title

けうけうさん
いつもありがとうございます

凍ってしまい考えるのをやめて生きている、のかも知れませぬw

そう言えば私も雪の結晶は、本などの写真で見た事あるだけですねぇ…
プロフィール

キョウ頭

Author:キョウ頭
愛媛県在住の1970年に生まれたオタクなオッサン

カテゴリの「はじめに」に、このブログの簡単な紹介を、させていただいております

ラクガキ漫画は毎週木曜日に更新しております

第1木曜日
クソ兄弟まんが
「神の子ノラ犬」更新

第3木曜日
バカップルまんが
「エヴナの国」更新

第2、4、(5)木曜日
題名通りのまんが
「猫型護法と通勤オヤジ」更新

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR