【ラクガキ漫画】猫股と修行オヤジ

焙煎豆

コーヒーの木は、いわゆる熱帯(緯度で南北23.5度)で、自生していたり栽培されていますが、実際に育つ環境は、(人間にとって)過ごしやすく快適な環境なのだそうです

コーヒーの生育に適した環境は、平均気温が約22℃、年間降雨量が1200~1600mmで、直射日光が当たらない場所が良いのだとか。
コロンビアや東アフリカ等では、標高1000~2000mの高地が、適正な栽培地になる様です

なワケで、温度や水等の管理が出来れば、日本の家庭でもコーヒーは栽培できるのだそうです



参考文献
「珈琲の教科書」堀口俊英:著 新星出版社
ucc上島珈琲webサイト
スポンサーサイト

テーマ : 自作マンガ
ジャンル : アニメ・コミック

【ラクガキ漫画】エヴナの国

コーヒー

人がいつ頃からコーヒーを口にしたのかは、はっきりとは分かっていないそうです

初めは、コーヒーの実をすりつぶして、油を加えて食べていたのだとか。
その後、実を発酵させて酒にしたり、乾燥させた実を煮沸して薬として飲む様になっていった模様です

今でもイエメンでは、乾燥させたコーヒーの実の外皮と果肉を煮出した、カハワと呼ばれる飲み物がよく飲まれるそうです



参考文献
「珈琲の教科書」堀口俊英:著 新星出版社

テーマ : 自作マンガ
ジャンル : アニメ・コミック

【ラクガキ漫画】猫股と修行オヤジ

ドリャア

私がゲームを遊んでいた頃、よく遊んだ格闘ゲームのひとつが、ナムコ(現バンダイナムコ)の「鉄拳」シリーズでした。
一応、初作から6BRまでは遊んでいましたねぇ

まぁ例によって腕前はヘタレな部類で、一八の最速風神拳×3が、調子が良ければ何とかできる程度。
なおかつ対戦では、一八ではなくクマ/パンダをよく使っていましたw

テーマ : 自作マンガ
ジャンル : アニメ・コミック

【ラクガキ漫画】神の子ノラ犬

!!!

肛門には、内側に意思に関係なく働く内肛門括約筋と、外側に意思によって働く外肛門括約筋があるのだそうです。
大脳からの排便の指令で、内肛門括約筋がひとりでに緩みますが、自分の意思で外肛門括約筋を緩めようとしない限り、肛門は閉じたままなので、お手洗いが近くにない時でも、便意をこらえる事ができるのだとか

ちなみに睡眠中に排泄する事がないのは、大脳から外肛門括約筋に閉鎖指令が出ているからだそうです


参考文献
「からだのしくみ事典」浅野伍朗:監修 成美堂出版

テーマ : 自作マンガ
ジャンル : アニメ・コミック

プロフィール

キョウ頭

Author:キョウ頭
愛媛県在住の1970年に生まれたオタクなオッサン

カテゴリの「はじめに」に、このブログの簡単な紹介を、させていただいております

ラクガキ漫画は毎週木曜日に更新しております

第1木曜日
クソ兄弟まんが
「神の子ノラ犬」更新

第3木曜日
バカップルまんが
「エヴナの国」更新

第2、4、(5)木曜日
題名通りのまんが
「猫型護法と通勤オヤジ」更新

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR