【ラクガキ漫画】神の子ノラ犬

予言

日本でノストラダムスの予言として知られている書物は、最初「ミシェル・ノストラダムス氏の予言集」という題名で出版され、彼自身はこの予言を、「3797年まで絶え間なく続く出来事の予言である」と言っているそうです。
この書物は4つの技法を駆使して書かれており、遠い未来でも予言として通用する様にしているのだとか

技法その1:とにかく沢山予言する
「予言集」は全10巻あり、942編もの四行詩が予言として収録されています。
これだけあれば必然的に、3797年までの間に起こるどれかの事件が、どれかの詩と符合するでしょう

技法その2:当たり前の事を予言する
ノストラダムスの予言の多くは、「独裁者が現れる」「戦争が起きる」「疫病が発生する」「重要人物が死ぬ」など、いつの時代どこの国でも起こりそうな事ばかりなのだとか。
「あなたはいつか屁をこきます」と言っているのと同じで、そんなモン「当たって当然」というワケです

技法その3:期限を明確にしない
日本では有名な「1999年7の月」の詩ですが、「予言集」の中では特例の様で、彼の予言には、その事件が起こる年を記載したものは、ほとんどないそうです。
要は、期限を指定しない予言は、いつまでたってもハズれないという事ですね。
私見ですが、「期限を指定しないなんて、そんなモンが予言か?」というツッコミをかわすために、本全体で「3797年まで」と期限を設定したのかも知れません

技法その4:どうにでも解釈できる様にあいまいに書く
予言の四行詩はとにかく難解で、意味ありげな地名、占星術用語、辞書にも掲載されていない様な単語等が多用されているそうです。
ですので、訳者の解釈によって、どうとでも訳せてしまうのだとか。
参考文献には、1つの詩に対する4人(非学術的な自称研究者達)の訳が紹介されていますが、訳の内容はてんでバラバラでした

ちなみに学術的な見地では、ノストラダムスの四行詩は、彼が生きた16世紀のフランスで実際に起きた事件や、当時の世相が反映されているそうです

ノストラダムスという人は、言葉遊びの天才だったのかも知れませんねぇ


参考文献
「トンデモ超常現象99の真相」と学会:著 洋泉社
スポンサーサイト

テーマ : 自作マンガ
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

No title

屁の予言とか当たらなくていいですぞww

まさに、予言も数うちゃ当たるですね
曖昧にして期限もないならそれは
組み合わせ次第でいくらでもできますね

とはいえ、当時小学生の自分は信じてましたww

懐かしいですね!

覚えてますよ!
映画にもなりましたし、まがりなりにもクリスチャンの学校でしたしwww
でも、恐怖の大魔王とかそんな記述あんまり覚えてないんですけどねw
黙示録は必死に読んだ記憶もなくもなく。妙に人間臭かった記憶はあります。

確かに預言者は言葉遊びの達人かもですね。

まぁ最近はテレビで言葉遊びの達人がいっぱい出てきてますけどねwww

ではでは!

No title

なんだか大騒ぎしましたよね。懐かしいです。
インカの暦が終わる問題の時は、日本は静かなものでした。
ああいう騒ぎは、もうみんな飽きちゃったのかしら。

Re: No title

荒ぶるプリンさん
いつもありがとうございます

それでも当たるのが、屁の予言ですw

有名ドコロの予言者さん達も、大体この手法を使っている様ですよ。
とにかく沢山予言して、1つでも当たれば(当てた事にすれば)、一躍時の人になれますからねぇ

私も小学生の頃は、信じていました。
あの頃は、純粋だったなぁw

Re: 懐かしいですね!

ヒデ王さん
いつもありがとうございます

もぅ「懐かしい」と言われるくらい、昔になりましたかねぇ

ノストラダムスの予言とキリスト教は無関係ですが、ヨハネの黙示録も何かと注目されますよね。
チェルノブイリの時は、「チェルノブイリ」が「苦よもぎ」という意味だったので、チョイと騒がれた様ですよ

黙示録が書かれた背景を考えると、預言者にとっては、命がけの言葉遊びだったと思います

いやまぁ、昔からテレビってヤツぁ、言葉遊びが大好きでしたでしょww

Re: No title

しのぶもじずりさん
いつもありがとうございます

今から思えば、言いだしっぺの自称研究者(G氏)だけが、大騒ぎしていただけの様な気もしますよ…

その後の終末論騒動は、世間からすれば「オオカミ少年」みたいなモンでしょう。
そりゃあ、マトモな人間なら飽きますってばw

No title

まーノストラダムさんも、
メディアがやたら煽って騒いでただけっぽかったですけどねー。
ああ、そういえばもう8月だったっけ?な感じで。
どっちかってっと、2000年問題の方が(これもどって事なかったですが)。

放屁宣言が予言になるなら、
ジョセフさんはもはや神!?
「次にお前は『けうけうさん、いつもありがとうございます』という!」

Re: No title

けうけうさん
いつもありがとうございます。
……はっ!
これも、計算のう…

肝心の予言の内容には、「人類が滅亡する」とか一切書かれていません。
それでも、あれだけ騒いだ一部の人達ってのは、イロイロと想像力がたくましかったのでしょうねぇ

確かに2000年問題の方が、少しは現実的な騒動でしたっけか。
まぁどちらにしろ、懐かしい出来事でしたねぇ

No title

ども、こんにちわ!

発想がオッサンやがな!w
昨日、本屋に言ったら懐かしのMMRの新刊が売ってました。
懐かしいノストラダムスの話で盛り上がっていた頃の漫画ですね。
北斗みたいな世の中になったらなったで、まっいいかー程度に思ってたぐらいなのですが、ブログの記事読んでみると、ノストラ君って面白い人だったんでしょうね。
自分が死んだ後、もの凄い大勢の人が自分の言葉で右往左往すると思うと、ニヤケが止まりませんw

Re: No title

ぽておさん
いつもありがとうございます

確かに、オヤジが言いそうなギャグですねぇw

あの予言の騒ぎも、今では良い(?)思い出ですね。
ノストラダムスからすれば、「信じて騒いだのは、バカな大人と超常現象好きな子供だけかよ…つまんね~」ってな気分だったかもw
プロフィール

キョウ頭

Author:キョウ頭
愛媛県在住の1970年に生まれたオタクなオッサン

カテゴリの「はじめに」に、このブログの簡単な紹介を、させていただいております

ラクガキ漫画は毎週木曜日に更新しております

第1木曜日
クソ兄弟まんが
「神の子ノラ犬」更新

第3木曜日
バカップルまんが
「エヴナの国」更新

第2、4、(5)木曜日
題名通りのまんが
「猫型護法と通勤オヤジ」更新

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カウンター
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR