【ラクガキ漫画】神の子ノラ犬

たたり

妖刀として名高い、というより名高くなってしまった日本刀、村正
その妖刀伝説は、「徳川家に祟る刀」として始まった様です

徳川家に祟ったとされる一連の事件は下記の通り。
〇徳川家康の祖父である松平清康が、臣下の阿部弥七郎という武士に、村正で斬殺される。
〇家康の父である松平広忠が、近臣の岩松八弥に、村正の脇差で突きかかられる。
〇家康の嫡男である信康が、武田家への内通を織田信長に疑われ、切腹に処されたが、その時の介錯刀が村正。
〇家康自身も、武勲を挙げた村正の槍を検分した際に、誤ってその槍を取り落とし指を斬る。
戦国時代の武将は、運勢や縁起といった事には敏感だったのだとか。
上記の一連の事件から、不吉を感じた家康は、家中の村正の廃棄を命じたそうです

実際に村正が徳川家に祟ったかどうかとなると、非現実的となるでしょう。
徳川家の三河(現愛知県)と、刀工である村正が住んだ伊勢(現三重県)とは、地理的にも近くです。
そして村正は、初代から三代続いた斬れ味で知られる名刀・名工で、しかも多作だったそうです。
となれば、村正を所持している三河の武士も多かったと考えられます。
徳川家が難にあったのは、「たまたまだった」と言えるでしょう。
ちなみに、徳川家の猛将として知られる、本田忠勝が愛用した名槍「蜻蛉切」も、村正の一派である正重の作品です

しかし村正は、「徳川家に祟る刀」として民衆の間で噂され始めた様です。
噂が広まる過程である事ない事が加わり、最終的には(徳川家とは関係なく)「持ち主に祟る妖刀」となっていったそうです。
村正に関する怪異談が数多く創作されてしまい、妖刀という印象はぬぐえないものになってしまった様ですね
(参考文献 「聖剣伝説」佐藤俊之とF.E.A.R.:著 新紀元社)


「ツタンカーメンの呪い」や「ホープダイヤモンドの呪い」もそうですが、有名どころの祟りや呪いの伝説の類は、第三者によって創作されるのが、世の常人の常の様です。
本物の祟りや呪いというものは、決して公にはならないものなのかも知れません
スポンサーサイト

テーマ : 自作マンガ
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ほほう、幼刀村正の記事とは模造刀の持ち主としては非常に興味深く面白いですね。
なるほど、妖刀と言われる所以にはこんなことが・・
確かに徳川家にとっては呪われた刀ですわ・・
ちなみに俺の村正は正式には「伊勢千子村正」だそうです。
ちゃんとリンクしてるんですねぇ・・

・・ということは俺の幼刀村正も持ち主を呪うなんて怖いことが・・
まさかそんなことが・・

Re: No title

R2さん
いつもありがとうございます

伝説が広まってからというもの、村正は「闇討ちに適した刀」と言われてしまったり、幕末には「倒幕の刀」として、倒幕を狙う志士達に重宝されたそうです

最近、刀から声が聞こえませんか?
おまえは達人だ…。
剣の達人だ。
誰よりも強い。
なんでも切れる!
プロフィール

キョウ頭

Author:キョウ頭
愛媛県在住の1970年に生まれたオタクなオッサン

カテゴリの「はじめに」に、このブログの簡単な紹介を、させていただいております

ラクガキ漫画は毎週木曜日に更新しております

第1木曜日
クソ兄弟まんが
「神の子ノラ犬」更新

第3木曜日
バカップルまんが
「エヴナの国」更新

第2、4、(5)木曜日
題名通りのまんが
「猫型護法と通勤オヤジ」更新

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カウンター
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR