【ラクガキ漫画】猫型式神と陰陽オヤジ

さびしい…

屏風のぞき」という、寝室に現れる妖怪がいるそうです。
人より背の高い屏風の上から覗いている、女の妖怪なのだとか

秋田県に伝わるお話によると、美女を妻にした武士が、新婚初夜から毎晩覗かれたそうです。
覗き以外の悪さはしなかったそうですが、覗かれるだけでも十分に迷惑だった事でしょう。
その後、屏風を取り除いたら、現れなくなったのだとか


参考文献
「幻想世界の住人たち IV <日本編>」多田克己:著 新紀元社
スポンサーサイト

テーマ : 自作マンガ
ジャンル : アニメ・コミック

【ラクガキ漫画】エヴナの国

!!

宇宙からは、あらゆる波長領域の電磁波が、地球にやってきているのだそうです。
ですが、地球の大気を透過する電磁波は、電波の一部、赤外線の一部と可視光なのだとか。
その他の紫外線、X線やガンマ線などは、ほとんどが大気に吸収され(反射や散乱もされる)、地表までは届かない様です

ブラックホールでは、その周辺での現象から強いX線が放射されており、ブラックホールを調査するには、X線の観測は不可欠なのだそうです。
ですが上記の通り、地表では宇宙からのX線の観測はできません。
ゆえにX線観測は、人工衛星や宇宙ステーションなど、大気圏外で行う必要があるのですね


参考文献
「改訂版 みるみるよくわかる 光とは何か?」江馬一弘:監修 株式会社ニュートンプレス
「ノーベル賞から見る 現代物理学の系統」株式会社ニュートンプレス

テーマ : 自作マンガ
ジャンル : アニメ・コミック

【ラクガキ漫画】猫型式神と陰陽オヤジ

見ろ!

古事記に記載がある、カムヤマトイハレビコ命(神武天皇)の東征の物語中、熊野でのイハレビコ命一行の危機を退けた太刀が、フツノミタマだそうです。
フツノミタマと伝えられている太刀は、二振あるのだとか

石上神宮にあるフツノミタマは、参考文献に形状の記述がないので、おそらく見る事のできない御神体として奉られているのでしょう

鹿島神宮にあるフツノミタマは、国宝に指定されており、公開もされているのだそうです。
刃の長さが、なんと2メートル24センチ(幅は、柄付近で4.2センチ、切っ先で2.85センチ)もあり、4か所で継がれて作られているのだとか


参考文献
「図解 古事記・日本書紀」多田元:監修 西東社
「聖剣伝説」佐藤俊之とF.E.A.R.:著 新紀元社

テーマ : 自作マンガ
ジャンル : アニメ・コミック

【ラクガキ漫画】神の子ノラ犬

聞きやがれ!

やれやれだぜ」ってな感じでしょうか…

テーマ : 自作マンガ
ジャンル : アニメ・コミック

プロフィール

キョウ頭

Author:キョウ頭
愛媛県在住の1970年に生まれたオタクなオッサン

カテゴリの「はじめに」に、このブログの簡単な紹介を、させていただいております

ラクガキ漫画は毎週木曜日に更新しております

第1木曜日
クソ兄弟まんが
「神の子ノラ犬」更新

第3木曜日
バカップルまんが
「エヴナの国」更新

第2、4、(5)木曜日
題名通りのまんが
「猫型護法と通勤オヤジ」更新

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
01 | 2016/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 - - - - -
カウンター
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR