【ラクガキ漫画】エヴナの国

夜もふけて…

ジョジョの奇妙な冒険 第8部 ジョジョリオン」の最新刊、第15巻を購入しました。
荒木先生、若い頃はパーティーが大嫌いだったのが、最近では、パーティーに出席するのが大好きになったそうです
スポンサーサイト

テーマ : 自作マンガ
ジャンル : アニメ・コミック

【ラクガキ漫画】エヴナの国

運動

テーマ : 自作マンガ
ジャンル : アニメ・コミック

【ラクガキ漫画】エヴナの国

ココア

ココアやチョコレートの主原料であるカカオ豆
その利用の歴史は、紀元前2000年頃の中米で、カカオの栽培が始められたのが起源だとされています

人々はカカオ豆を神聖な物とし、儀式の供物、薬、そして貨幣として利用していたのだとか。
そんなカカオ豆から作られるショコラトルという飲み物は、王族や貴族などの特権階級の人々にしか飲む事が許されなかった様です。
ショコラトルは、焙煎しすりつぶしたカカオに、水、トウモロコシ、トウガラシなどを加えた飲み物で、ドロドロと濃くて甘みがない、かなり苦い飲み物だったそうです

16世紀に、スペインがアステカ帝国を征服したのをきっかけに、ショコラトルはスペイン宮廷に伝わったとされています。
強い苦みに耐えられなかった王族や貴族のために、砂糖が加えられたところ、苦みは程よくまるめられ、カカオの香味が引き立つ様になり、劇的に美味しい飲み物になったのだとか。
こうしてスペイン宮廷でよく飲まれる様になりましたが、国外への持ち出しは禁止されたため、17世紀になるまではスペインの独占状態だったそうです


参考文献
「チョコレート検定 公式テキスト2017年版」株式会社明治、チョコレート検定委員会:監修 株式会社学研プラス

テーマ : 自作マンガ
ジャンル : アニメ・コミック

【ラクガキ漫画】エヴナの国

コーヒー

人がいつ頃からコーヒーを口にしたのかは、はっきりとは分かっていないそうです

初めは、コーヒーの実をすりつぶして、油を加えて食べていたのだとか。
その後、実を発酵させて酒にしたり、乾燥させた実を煮沸して薬として飲む様になっていった模様です

今でもイエメンでは、乾燥させたコーヒーの実の外皮と果肉を煮出した、カハワと呼ばれる飲み物がよく飲まれるそうです



参考文献
「珈琲の教科書」堀口俊英:著 新星出版社

テーマ : 自作マンガ
ジャンル : アニメ・コミック

【ラクガキ漫画】エヴナの国

どうして

テーマ : 自作マンガ
ジャンル : アニメ・コミック

プロフィール

キョウ頭

Author:キョウ頭
愛媛県在住の1970年に生まれたオタクなオッサン

カテゴリの「はじめに」に、このブログの簡単な紹介を、させていただいております

ラクガキ漫画は毎週木曜日に更新しております

第1木曜日
クソ兄弟まんが
「神の子ノラ犬」更新

第3木曜日
バカップルまんが
「エヴナの国」更新

第2、4、(5)木曜日
題名どおりのまんが
「猫股と修行オヤジ」更新

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カウンター
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR